RSS

ベトナムの日系中小企業向けレンタル工業団地 JICAが融資

2015年8月16日(日) 17時52分(タイ時間)
【ベトナム】国際協力機構(JICA)はフォーバル(東京都渋谷区)がベトナム南部ドンナイ省で手がけるレンタル工業団地開発事業に必要な資金を融資する。

 JICAがベトナムの大手国営銀行であるベトナム投資開発銀行(BIDV)に融資し、レンタル工業団地開発のためフォーバルと現地企業が設立した合弁会社ジャパニーズSMEディベロップメントにBIDVが転貸する。JICAは13日、BIDVへの貸付契約に調印した。

 レンタル工業団地はニョンチャックIII工業団地内で、敷地面積約18ヘクタール。フォーバルは地銀、信金など業務提携先の日本の金融機関24社と連携し、レンタル工業団地への日本の中小企業誘致を図る。ジャパニーズSMEディベロップメントには埼玉県が出資参画を予定している。
《newsclip》

注目ニュース

タイ工業団地の新規供給、価格動向 ナイトフランク調査newsclip

【タイ】英不動産大手ナイトフランクによると、タイ国内の工業団地の総面積は2014年末時点で14万841ライ(1ライ=1600平方メートル)と前年比3・1%増加した。

【タイ】英不動産大手ナイトフランクによると、2014年末時点のタイ国内の賃貸工場の総面積は255万3046平方メートルで、前年比3・6%増加した。

アジア工業団地に賃貸工場の「ヨコハマファクトリーゾーン」 工場賃貸大手タイコンと横浜市が総合協力newsclip

【タイ】工場賃貸大手タイコン・インダストリアル・コネクション(TICON)が横浜市の公益財団法人、横浜企業経営支援財団(IDEC)が総合協力し、横浜市をはじめ日本からのタイ進出企業を支援するための...

特集



新着PR情報