RSS

日本政府、洪水のミャンマーに260万ドル緊急援助

2015年8月16日(日) 17時52分(タイ時間)
【ミャンマー】日本政府は14日、洪水で大きな被害が出たミャンマーに対し、260万ドルの緊急無償資金協力を行うことを決めた。

 国連世界食糧計画(WFP)、国連児童基金(UNICEF)、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)、赤十字国際委員会(ICRC)を通じ、食料、水、日用生活物資など人道上緊急に必要な支援を実施する。

 ミャンマーでは7月下旬から豪雨による洪水が発生し、これまでに100人以上が死亡、100万人以上が被災した。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】日本政府は4日、洪水で大きな被害が出たミャンマーに対し、毛布6000枚、スリーピングパット1000枚、プラスチックシート90巻の緊急支援物資を供与すると発表した。

バンコクで大雨、スクムビットなどで洪水newsclip

【タイ】17日未明からバンコクで強い雨が降り、スクムビット通り、ラムカムヘン通り、パタナカン通り、アソーク通りなどで洪水が発生した。

アソーク通りで洪水対策工事 不評のバンコク都知事も現場にnewsclip

【タイ】大雨による洪水が度々発生しているバンコク都心のアソーク通りで、16日未明、バンコク都庁が排水機能の向上を狙った路面と下水溝の改修工事を行った。工事にはスクムパン・バンコク都知事ら都庁幹部が...

バンコクの洪水、大量のごみが水路詰まらすnewsclip

【タイ】8日朝の大雨で、バンコクの運河に大量のごみが流れ込み、排水ポンプが故障したり、水門が詰まるなどのトラブルが起きた。



新着PR情報