RSS

タイ税関検査で免税枠超えるたばこ・酒所持 日本大使館が注意呼びかけ

2015年8月17日(月) 22時59分(タイ時間)
【タイ】在タイ日本大使館は17日、免税枠を超える量のたばこや酒をタイ国内に持ち込もうとして税関で摘発されるケースが最近増えているとして、注意を呼びかけた。

 タイ国内に免税で持ち込めるのは、紙巻きたばこ200本(葉巻などの場合は250グラム)まで、酒1リットルまでで、規定を超える量を所持していた場合、すべて没収の上、多額の罰金が科される。摘発を不服として罰金支払いを拒否した場合や罰金が払えない場合には裁判となり、その間、身柄が拘束されることもある。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】4―6月に在タイ日本大使館に届け出があった日本人の犯罪被害は46件だった。バンコク都内を中心に、スリ、置き引き、ひったくりなどが発生している。

【タイ】在タイ日本大使館はゴールデンウィークの連休などでタイを訪れる日本人に対し、タイでの犯罪、トラブルを紹介し、注意を呼びかけた。

【タイ】1―3月に在タイ日本大使館に届け出があった日本人の犯罪被害は81件だった。バンコク都内を中心に、見せ金詐欺、 睡眠薬強盗、抱き付きスリなどが発生している。

【タイ】在タイ日本大使館は8日、タイに旅行・滞在する日本人に対し、女性へのわいせつ行為、旅券(パスポート)の紛失などへの注意を呼びかけた。



新着PR情報