RSS

ミャンマー初の広告マーケティング講座開講 博報堂が支援

2015年8月17日(月) 22時59分(タイ時間)
【ミャンマー】ヤンゴン大学の管轄で開設された経済、ジャーナリズム、ITを中心とするミャンマーの専門大学ナショナルマネジメントカレッジ(NMC)で、ミャンマー初の広告マーケティング講座が開設され、15日に開講式が行われた。

 この広告マーケティング講座は基礎講座(6カ月コース)、アドバンス講座(6か月コース)で、広告マーケティング概論と撮影・編集などの実践を同時に学ぶ。一般公募で集まった高校新卒からビジネスマンまで33人の学生でスタートした。

 博報堂は2012年から、年間プログラム策定や、講義を担う教員への広告マーケティングに関する講義、ワークショップを行うなど、講座開設の準備、支援を行ってきた。今後、博報堂が指導した教員が中心となって講座を進行する。

 NMCは学部のほかに国内民間企業と提携したコースを設けるなど、先進的な取り組みを積極的に行っている学生に人気の高い大学。

 ミャンマーにはこれまで、広告・マーケティングの高等教育専門機関はなかった。
《newsclip》

注目ニュース

「バンコクの女性は衝動買い」 博報堂の消費スタイル調査newsclip

【タイ】博報堂が実施した東南アジアの中間層の女性の消費スタイルに関する調査で、バンコクの女性は、買い物やブランド選択の計画性が低く衝動的にものを買う傾向が強い「移り気なトレンド・フォロワー派」が全...

【シンガポール】博報堂は27日、博報堂グループのコンサルティング会社、博報堂コンサルティングがシンガポールのコンサルティング会社ワタタワと業務提携し、アジア・日本市場のブランドマーケティング戦略の...

【タイ】博報堂は3日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の生活者調査・分析を行う組織「博報堂生活総合研究所アセアン」をタイに設立したと発表した。ASEAN生活者の生活定点調査「アセアン生活定点」、A...

【アジア】電通は29日、2018年(韓国ピョンチャン)、2020年(東京)、2022年、2024年のオリンピックのアジア22カ国・地域でのテレビ、インターネットを含むすべてのメディアの放送権を国際...

【シンガポール】電通は8日、海外本社の電通イージス・ネットワークがシンガポールの広告会社マンガム・ギャクシオーラの株式20%を取得し、社名を「マンガムギャクシオーラ・マクギャリーボウエン」に変更す...

【タイ】電通は3日、タイのインターネット広告会社フレックスメディアの株式51%を取得すると発表した。将来的に完全子会社化するオプションも持つ。

【ベトナム】電通は3日、ベトナムの総合デジタルエージェンシー、エメラルド・コンサルティングの株式40%を取得し、今後段階的に同社株を追加取得して過半数を取得するオプションを電通グループが持つことで...



新着PR情報