RSS

西部開発農産、ベトナムでのコメ生産で日立キャピタルと提携

2015年8月19日(水) 00時26分(タイ時間)
【ベトナム】日立キャピタルは18日、大手農業生産法人の西部開発農産(岩手県北上市)と業務提携すると発表した。西部開発農産がベトナムで計画している高品質米の大規模生産を、設備投資や顧客の紹介による販路開拓などで支援する。

 西部開発農産は1986年設立。後継者がいない農地や条件が悪い耕作放棄地などを借り受け、作業受託などで生産規模を拡大してきた。現在はコメ、大豆、そば、和牛など多品目を手がけ、生産規模は農作業受託を含めて約830ヘクタール超と全国トップクラス。内閣総理大臣賞、日本農業賞など数多くの受賞実績がある。今年2月、ベトナムに全額出資子会社を設立した。

 日立キャピタルは1975年に農業分野のファイナンスを開始。日本全国の農業機械ディーラーとの提携によるネットワークの拡充を進め、現在では提携販社約1800社、取引顧客約8万9000の事業基盤を持つ。
《newsclip》

注目ニュース

JFEエンジ、植物工場製トマトをシンガポールに出荷newsclip

【シンガポール】JFEエンジニアリング(東京都千代田区)は22日、グループ会社のJファーム苫小牧(北海道苫小牧市)が苫小牧市の植物工場で生産したトマトをシンガポール明治屋に出荷すると発表した。

【シンガポール】パナソニックのシンガポールのグループ会社パナソニックファクトリーソリューションズアジアパシフィックは7月31日、シンガポールの自社野菜工場で栽培・収穫した野菜を、定食屋チェーン、大...

特集



新着PR情報