RSS

中国:アリババが「汽車節」実施、オンラインで自動車販促

2015年8月26日(水) 15時00分(タイ時間)
【中国】中国のEコマース最大手、阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング:BABA/NY)の自動車部門「阿里汽車」が6~20日、オンラインでの自動車販促イベント「阿里88汽車節」を実施した。

 イベント開催は今回が初めて。国内外の大手メーカーやディーラーが多数参加した。

 なかでも目玉となったのは、アリババが戦略提携先の中国永達汽車服務HD(3669/HK)と共同で打ち出した、シボレー「エピカ」の大幅値下げセール。5万人民元(約90万円)前後の大幅値下げが消費者の注目を集めることに成功。わずか15日間で1822台を売り上げた。同じ台数を実店舗で販売するには、1カ月余りの期間を要するという。

 今回売り上げた1822台の購入者は、国内31省市の278都市に分布。また、3分の1に当たる約600台が農村部で購入された。販売額は合計で1億3000万人民元(約24億円)に達している。

 永達汽車服務の関係者は、「予想以上の売れ行き」と語る。この販売方法に関心を示すメーカーも多い。阿里汽車には業務提携に絡んだ問い合わせが多数寄せられているという。

 大手自動車ディーラーの永達汽車服務は先ごろ、子会社の上海永達汽車公司がアリババと戦略的提携関係を結ぶことで枠組み合意に達した。両社は並行輸入車のO2O(オンライン・ツー・オフライン)販売やオンラインでのオートファイナンス、アフターサービス、中古車販売など各方面で事業を共同展開する。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報