RSS

中国:ビール6.5%減産で推移、7カ月で2975万キロリットル

2015年8月27日(木) 13時49分(タイ時間)
【中国】中国のビール生産量が減少傾向で推移している。今年1~7月の累計では、前年同期比6.50%減の2974万7905.32キロリットル。最大産地の山東省では、23.53%の減産となっている。深セン中商産業研究院がこのほど報告した。

 白酒の生産は5%増で推移。今年1~7月の累計では、前年同期比4.65%増の717万2783.92キロリットルに上った。うち最大産地の四川省は3.20%増の202万9958.07キロリットル。2位の河南省は5.94%増の60万9008.60キロリットル、3位の山東省は0.74%減の57万9161.18キロリットルとなっている。

 ワインも減産。3.36%減の57万5517.66キロリットルに低迷した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【ミャンマー】キリンホールディングスは19日、東南アジアの地域統括会社キリンホールディングスシンガポールがミャンマーのビール大手ミャンマー・ブルワリーの株式55%をシンガポールの複合企業フレイザー...

2014年の世界のビール生産、30年ぶりに前年比減 ベトナムは9%増newsclip

【ベトナム、タイ】キリン食生活文化研究所によると、2014年の世界のビール生産量は前年比0・5%減の約1億9099・8万キロリットルで(東京ドーム約154杯分)で、30年ぶりに前年を下回った。

【ミャンマー】オランダのビール大手ハイネケンは13日、6000万ドルを投じミャンマーのヤンゴン市近郊に建設したビール工場が稼働したと発表した。

【中国】中国のビール業界で最も企業価値が高い企業として、12年連続で青島ビール(168/HK)が選ばれた。

【中国】春節(旧正月:今年は2月19日)のお祝いムードに沸く中国は、酒類の消費数量が年間で最も多い時期を迎えた。

特集



新着PR情報