RSS

中国:海外在住のハイクラス人材、8割超が帰国・起業を希望

2015年8月28日(金) 13時55分(タイ時間)
【中国】海外に住むハイクラス人材の85%が、中国に帰国して起業することを望んでいることが明らかになった。

 北米州海外学人国際交流センターが直近3~5年で、欧米に在住する中国人のハイクラス人材に調査した結果、明らかになったもの。その要因は主に、中国文化の求心力と中国の豊富なビジネスチャンスだという。重慶晩報が伝えた。

 重慶市で先ごろ、海外人材の起業プロジェクト相談会が初めて開催された。今回の相談会は、市委員会組織部と人力資源社会保障局が主催。海外の人材に重慶市の起業・投資環境を紹介すると同時に、同市各工業区と企業とのマッチングを支援した。今回のイベントでは、同センターが選出し、かつ重慶市の選考を通過した44人が迎え入れられた格好だ。

 海外の人材が主導するプロジェクトは、バイオ・医薬品、自動車、化学工業、環境保護・省エネ、遠隔操作医療など幅広い分野にわたるという。例えば今回、イベントに参加したケンブリッジ大学ガン研究所遺伝子センターの蘭国成・副主任は、抗体開発プロジェクトで注目を集めた。同プロジェクトでは、動物由来のヒト抗体作製を目指している。

 人力資源社会保障局の陳元春・局長によると、同市は海外の人材を優遇する政策を実施しているという。転居費用だけでも100万人民元(約1840万円)の一時金を支給。さらに30億人民元規模の基金を創設し、各種方面から支援を行っている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国のネット人材は、平均で1年半に1度の頻度で転職を繰り返している。転職後の給与水準は、前の職場と比べて平均で25%上昇していた。男性の方が転職意向が強い。性別では、男性が17.96カ月に1度、女性...

【カンボジア】キャリアバンク(札幌市中央区)は9日、カンボジアの日系人材会社クリエィティブ・ダイアモンド・リンクスと業務提携すると発表した。

【タイ】リクルートホールディングス(東京都千代田区)はタイに日系企業向けの人材紹介事業を行う子会社「RGF・HRエージェント・リクルートメント(タイランド)」を設立し、18日に事業を開始した。

【中国】中国の企業は毎年春節(旧正月)前後に人材確保が難しい時期を迎える。他の大都市ほどではないが、チベット自治区ラサ市のホテル・飲食業界も例外ではない。

【中国】中国では今年も人件費の上昇傾向が続きそうだ。

【ミャンマー】三井住友銀行は18日、ミャンマー銀行協会と金融関連の人材育成に関する覚書を締結したと発表した。



新着PR情報