RSS

中国支援のタイ鉄道が10月着工へ、両国の鉄道を連結

2015年8月28日(金) 13時58分(タイ時間)
【タイ、中国】中国とタイの鉄道をリンクさせる一大プロジェクトが今年10月末に着工される見通しだ。

 中国南部の雲南省昆明とラオス首都のヴィエンチャンを結ぶ全長520キロの鉄道(近く着工予定)にアクセスする新鉄道をタイ国内に敷設する。中国の投資支援を受けて、タイ北部のノーンカーイ県と首都バンコク、さらに東部工業地帯のラヨーン県を結ぶ全長867キロの鉄道を整備する。3年後の完成を目指す。中国政府系メディアが27日付で伝えた。

 同鉄道建設に向けた6回目の会議は、26日にバンコクで開催。両国の代表者が9月上旬の枠組み合意を確認している。10月末に着工セレモニーを開催する運びだ。

 すべてが開通すれば、2国間の経済交流を活発化させると見込まれる。昆明~バンコク間の旅客往復運賃は約3600バーツ(約1万2100円)と、航空運賃より5~7割低下するという。貨物運賃も空輸の9分の1に抑えられる。タイを訪れる中国人観光客は、現在と比べておよそ200万人拡大する見込み。タイ産農産物の中国向け輸出を刺激する効果も期待されている。

 同鉄道協力プロジェクトに関して呉志武・駐タイ中国大使は、「中国の習近平政権が掲げる『一帯一路』戦略と、タイのプラユット暫定政権が進めてきたインフラ整備計画を有効に結びつける範例だ」と解説。この協力を基礎に、港、空港などの大型インフラ事業での協力を引き続き強化することが可能だと強調した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】インドネシアが導入を計画している高速鉄道に関して、中国特使としてインドネシア・ジャカルタを訪れた国家発展改革委員会の徐紹史主任は10日、ジョコ大統領と会談し、事業化に向けた調査結果を提出した。

【シンガポール】東芝は3日、シンガポールの鉄道事業者SMRTのC651系車両19編成向けに、永久磁石同期モーター(PMSM)を用いた駆動システムを2016年から納入すると発表した。

【ミャンマー】丸紅は3日、三井物産、三井物産プラントシステムとのコンソーシアムがミャンマー国鉄から鉄道中央監視システムと保安機材を受注したと発表した。

【中国】中国製の高速鉄道車両が間もなく、欧州初上陸を果たす。中国中車(CRRC:1766/HK)傘下の株洲電力汽車は7日、マケドニア向けに新幹線型車両「動車組(時速200キロ超の高速鉄道車両)」を出荷した。中国中車...

【中国】京津冀エリア(北京市、天津市、河北省)初の都市間快速鉄道となる「平谷線」の建設計画が固まった。

【中国】中国とロシアで、両国間初となる「越境高速鉄道」を建設する構想が浮上している。ロシア鉄道の幹部はこのほど、極東沿海地方での高速道路敷設をめぐり、中国側と話し合いの場を持ったことを明らかにした...

円借款382億円 バンコクの都市鉄道建設にnewsclip

【タイ】日本政府はバンコク首都圏の都市鉄道新路線レッドラインの建設事業に総額382億円の円借款を供与することを決め、12日、バンコクでタイのソムマイ・パーシー財務相と佐渡島志郎駐タイ大使が書簡を交...

日タイ首脳会談、バンコク―チェンマイ新幹線「早期着工期待」newsclip

【タイ】第7回日本メコン地域諸国首脳会議出席のため来日したタイ軍事政権のプラユット首相は4日、東京で安倍首相と約40分間会談した。プラユット首相の訪日は今年3度目。

【中国】中国が知的財産権を持つ時速350キロの新幹線型車両「動車組(時速200キロ超の高速列車車両)」が6月30日までに、北京中国鉄道科学研究院の環状試験エリアで試験走行に入ったようだ。複数の中国メディアが...

【中国、タイ】タイが国内で初めて整備する高速鉄道に、日本の新幹線が導入される見通しとなった。



新着PR情報