RSS

サトウキビ搾りかすからバイオエタノール NEDOなど、タイでプラント稼働

2015年8月31日(月) 23時32分(タイ時間)
竣工したバイオエタノール製造プラントの画像
竣工したバイオエタノール製造プラント
写真提供、NEDO
【タイ】国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は31日、NEDOとタイ工業省サトウキビ砂糖委員会がタイ中部サラブリ県に建設したバイオエタノール製造プラントが完成し、29日に実証運転を開始したと発表した。

 砂糖の製造工程で発生するサトウキビの搾りかす(バガス)からバイオエタノールを効率的に製造する技術の実証を行う。食料と競合しない未利用資源の有効利用が狙いで、将来的には、タイだけでなく、サトウキビを栽培している東南アジア各国に普及させ、温室効果ガスの排出削減を目指す。

 プラントはバガス処理能力が年1300トン、バイオエタノール生産規模が年10万リットル。予算規模約12億円。月島機械が開発した酵素生産微生物による酵素オンサイト生産技術と同時糖化発酵技術を用いて、安価にバイオエタノールを製造する。
《newsclip》

注目ニュース

エタノール製造のタイ・アグロ、タイ証取上場newsclip

【タイ】エタノール製造のタイ・アグロ・エナジーが5日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

タイ製糖のコンブリ、バイオエタノール工場建設newsclip

【タイ】製糖・発電事業を手がけるコンブリ・シュガーはサトウキビかすからバイオエタノールを製造する工場(生産能力日量20万リットル)を建設するほか、サトウキビの圧搾能力を日量1・2万トン拡大する。2...

【タイ】独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とタイの科学技術省国家イノベーション庁(NIA)がタイ東部サケーオ県に設置したバイオエタノールの製造プラントが完成し、22日、実証...

【マレーシア】クボタ(大阪市浪速区)は19日、パーム油搾油工程で発生する廃液から回収したバイオガスを使用して発電し、売電収入によってパーム油廃液処理設備の初期投資を回収する事業をマレーシアで行うと...

バイオディーゼル製造のAIエナジー、タイ2部市場上場newsclip

【タイ】パーム油からバイオディーゼルを製造するAIエナジーが6日、タイ証券取引所(SET)二部市場(MAI)に上場した。2014年のMAI新規上場1社目で、公開価格4・75バーツ、初日終値3・54...



新着PR情報