RSS

中国:9月3日軍事パレードで北京厳戒態勢、ガソリンスタンド営業停止

2015年9月1日(火) 13時22分(タイ時間)
【中国】9月3日の抗日戦争・反ファシズム戦争勝利70周年記念日に行われる大規模な軍事パレードを前に、北京市が高度の警戒態勢に入った。

 市中心部の東城区全域と西城区のうち、軍事パレードが行われる長安街に近いエリアで3日、ガソリンスタンドが全店営業停止となる。北京首都、南苑の2空港では、離着陸を約3時間禁止。北京首都空港の南部には、東西方向に飛行制限区域が設定される。複数メディアが伝えた。

 他の交通機関では、北京四恵長距離バスターミナルが1日午後2時~4日午前8時に運営を停止。地下鉄も保安検査を強化し、主要駅では武装警察官に加え、警備員1~2人を増員する。乗客に対しては、携帯する液体の検査が義務付けられるという。

 また一部ホテルでは、警察の要請により保安検査台を設置。宿泊客の手荷物の検査を行っている。東城区のエコノミーホテル「如家酒店」は、9月2日の終日休業を当局から指示された。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報