RSS

表示料金が手動で加速 バンコク空港で「タクシーターボ」摘発

2015年9月4日(金) 02時02分(タイ時間)
【タイ】バンコク郊外のスワンナプーム空港で2日、メーターの表示料金を手動で「加速」する装置を取り付けたタクシーがみつかり、運転手のタイ人男(58)が逮捕された。

 メーターに細工したタクシーはタイで「タクシーターボ」と呼ばれる。今回摘発された車両はハンドルの横のボタンを押すと、メーターの表示料金が上がるようになっていた。

 バンコクにはタクシーのメーターの「改造」を専門とする自動車修理工場が存在するとされ、相当数の「タクシーターボ」が営業中とみられる。特に運賃の相場を知らない外国人が多い空港は「タクシーターボ」の稼ぎどころとなっているようだ。インターネットの動画投稿サイトには度々、「タクシーターボ」の被害に遭ったという動画が投稿されているが、警察による摘発はまれ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ運輸省陸運局は22日、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港で営業しているタクシーの運転手3人に対し、運賃のぼったくりなどの行為で、30日間の営業停止と罰金1000バーツの処分を下したと...

【タイ】3月27日午後5時ごろ、バンコク都内のプラチャーチューン通りで、バイクとタクシーが運転をめぐりトラブルになり、バイクを運転していた会社員のタイ人男性(29)がタクシー運転手のタイ人男(57...

邦人男性書き込みが大反響 バンコク空港のタクシー処罰newsclip

【タイ】バンコクのスワンナプーム空港を利用した日本人男性がタクシーがメーターの使用を拒否したり、入国審査で待たされたことなどを「フェイスブック」に日本語とタイ語で書き込んだところ、20日までに「い...

【アジア、タイ】オンラインホテル予約サイト大手ホテルズドットコムが世界の主要都市の空港から市内までのタクシー料金を調べたところ、最も安かったのはバンコクだった。

【タイ】バンコク大学が11月7―9日、バンコク郊外のスワンナプーム空港の出発ロビーで、15歳以上の外国人を対象に実施したアンケート調査(回答者1044人)で、「タイを再訪するか」との質問に、91・8...



新着PR情報