RSS

女性、子どもに難癖つけ殴る バンコクでラオス人男逮捕

2015年9月9日(水) 23時39分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、バンコク首都警察
 の画像
 
写真提供、バンコク首都警察
【タイ】バンコク都内の複数カ所で女性、子どもに難癖をつけて暴力を振るった疑いで、8日、ラオス人の男(38)が逮捕された。

 調べによると、男は8月10日、都内のホテルでマッサージを受けた後、マッサージ師の女性から携帯電話を借り、そのまま逃走した。同12日、都心のショッピングセンター、サイアムパラゴンの映画館で少年(17)の頭をペットボトルで殴った。9月4日には、地下鉄フアラムポーン駅で乗車した際に、「足を踏まれた」と女性(23)に言いがかりをつけ、顔を殴ってけがをさせた。このほかにも、映画館で係員の女性をどう喝し、ペットボトルを投げつけるなどした。

 被害者の女性らは男の行動を撮影した動画をインターネットの交流サイトに投稿。男はネット上で「マフィア・サヤーム(タイのマフィア)」と呼ばれ、逮捕を求める声が強まっていた。

 警察は顔を殴られた女性の被害届を受け、男の行方を捜査し、8日午後6時ごろ、地下鉄スティサン駅で逮捕した。男はラオスからタイに密入国し、賭博、窃盗などで生計を立てていたとみられる。

 男は9日、バンコク首都警察で行われた記者会見に同席し、涙ながらに犯行を認め、「自分は感情が普通ではない」などと訴えた。記者会見には被害者の女性2人も参加し、このうちの1人が男の頭を張り飛ばす一幕があった。警官が制止したものの、同席したシーワラー首都警察長官ら幹部は笑って見守っていた。 
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中部ナコンパトム県の養豚・養鶏場で、ラオス人の男女13人が鍵のかかった檻に押し込められ、無給で長時間労働を強いられていたことが明らかになり、タイ当局が捜査を進めている。

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ東北部のウドンタニ県警は26日、ラオス人の女性(55)とその息子(14)を身代金目的で誘拐した容疑で、県警の警官6人とタイの民間人3人を逮捕し、容疑者が所持し...



新着PR情報