RSS

逃亡13年のタイ殺人容疑者、「セルフィー」投稿で御用 

2015年9月14日(月) 01時42分(タイ時間)
【タイ】殺人容疑で指名手配中のタイ人男(37)が「セルフィー(自分撮り)」した写真をインターネットの交流サイト、フェイスブックに投稿したことで居場所が発覚し、逮捕された。タイ字紙タイラットなどが報じた。

 男は2002年にバンコクでタイ人男性を刺殺し、以来13年間、逃亡生活を送っていた。最近になってフェイスブックを始め、コメントや自分の写真を投稿したことで、警察に足取りをつかまれ、11日、東北部チャイヤプム県からバンコクに向かうバスの車内で御用となった。

 警察によると、男のフェイスブック上の友達は約300人で、ほとんどが女性。フェイスブックを始めた当初は写真を掲載していなかったが、その後、警戒が解けたのか、自撮り写真やコメントの投稿を始め、チャイヤプム県の母親宅を訪れた際の写真やコメントを掲載するなどしていた。
《newsclip》

注目ニュース

交流サイトで詐欺 50代タイ女性、「カナダの将軍」に600万バーツ送金newsclip

【タイ】タイ警察は23日、バンコクで記者会見を開き、詐欺容疑でナイジェリア人の男2人(43、30)と南アフリカ人の男1人(28)、タイ人の女1人(39)を逮捕したと発表した。

白人男性と偽りタイ女性に接触 交流サイト使った詐欺で100人超被害newsclip

【タイ】タイ法務省特捜局(DSI)は22日、バンコク都内ラープラーオ通りのアパートを捜索し、ナイジェリア人の男(37)を詐欺などの容疑で逮捕した。

【タイ】テレビ報道によると、6月21日にバンコク都内シーロム通り近くの宝石店で、社長のタイ人女性(47)がナイフで刺され重傷を負った事件で、タイ警察は10日、18歳のタイ人男と、この宝石店店員のタ...

特集