RSS

住友電工、高度道路交通システムでタイ社と協業

2015年9月15日(火) 01時51分(タイ時間)
調印式の画像
調印式
写真提供、住友電気工業
【タイ】住友電気工業は14日、交通信号灯器・信号制御機、道路情報板などの交通管制システム用機器を製造販売するタイのジーニアス・トラフィック・システム社とタイでのITS(高度道路交通システム)分野での協業合意書に調印したと発表した。

 住友電工は今回の協業を通じ、車両感知器から収集した交通データを一元的に管理解析して信号制御(交通信号の赤・青の最適なタイミングを自動計算)する交通管制センターをバンコクに構築する計画。高度な交通管制システムアルゴリズムを適用することで、バンコクの交通渋滞を低減し、交通管制システム分野の社会インフラ整備が継続的に行われるよう、タイ当局に共同で働きかける。
《newsclip》

注目ニュース

トヨタ・モビリティ基金、バンコクの渋滞対策に助成金newsclip

【タイ】より良いモビリティ社会の構築に取り組む非営利団体(NPO)、研究機関などを支援する財団法人トヨタ・モビリティ基金は22日、バンコクで交通・渋滞管理プロジェクトに着手すると発表した。

【ミャンマー】住友電気工業は17日、タイの関係会社であるスミトモ・エレクトリック(タイランド)がミャンマーのインフラ案件に関する市場調査などを行うため、ヤンゴンに支店を開設したと発表した。

【タイ】住友電気工業は17日、タイの100%子会社SEIタイ・エレクトリック・コンダクターで自動車用アルミ電線の生産能力を増強するとともに、素材となるアルミ線材を鋳造圧延工程から同一工場敷地内で一...

【タイ】住友電気工業と住友電装はタイに自動車用アルミ電線の製造拠点を設ける。住友電工グループのタイ子会社で銅荒引線・伸線、切削用アルミ棒材を製造するSEI Thai Electric Conductor(資本金11・1億バー...

特集



新着PR情報