RSS

韓国航空会社でパイロット離職者急増、賃金数倍の中国企業が引き抜き

2015年9月16日(水) 00時44分(タイ時間)
【中国】韓国民間航空会社を辞職したパイロットの多くが中国航空会社に転職しているもようだ。

 賃金の格差が大きいことが背景にある。職歴15年の大韓航空パイロットの場合、年収は12万5000米ドルに過ぎない。もっとも良い条件で中国の航空会社に転職すれば、その2.7倍に相当する33万8000米ドル(約4080万円)が得られる。しかも中国企業の場合、子女の就学補助金をはじめとする多くの福利が受けられるためという。澎湃新聞が13日、外電情報として付で伝えた。

 韓国最大手の大韓航空では、離職したパイロットの人数は、2013年で26人、14年で27人、15年1~7月累計で42人に上る。アシアナ航空は13年1~7月で24人、14年1~7月で31人、15年1~7月で29人で推移した。その他5社を含めた韓国航空会社のパイロット離職者数は、今年1~7月の合算で138人を数える。その多くは、中国の同業他社が厚遇で引き抜いたという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】27日午前8時ごろ、タイ国際航空傘下の格安航空会社タイスマイルエアウェイズのバンコク(ドンムアン空港)発チェンマイ行きWE150便エアバスA320型機がチェンマイ空港に着陸後、搭乗橋に主翼...

【タイ】タイ国際航空は4―6月期の最終損益が127億5900万バーツの赤字で、前年同期の最終赤字76億6200万バーツから赤字幅が拡大した。

【タイ】12日朝、バンコクのドンムアン空港で、タイ国際航空系の格安航空ノックエアのコンピュータチェックインシステムがダウンし、午前6時から8時に出発する予定だったほぼすべての便が離陸できなくなるト...

【中国】中国民用航空局によると、26日未明、浙江省台州市発・広東省広州市行き深セン航空ZH9648便で着陸直前、中年の男が機内の設備に放火し、乗務員らに取り押さえられた。27日付新京報などが伝えた。

【タイ】タイ運輸省は20日、航空事業の許認可などを担当する同省民間航空局の安全審査体制に問題があると米連邦航空局が指摘したことを明らかにした。2カ月以内に改善されない場合、タイ国際航空の米国路線に...

特集



新着PR情報