RSS

ホーチミン市の総合病院計画、日本が円借款286億円供与

2015年9月16日(水) 15時27分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供:内閣広報室
【ベトナム】日本政府はベトナム南部ホーチミン市の総合病院建設計画に総額286億1200万円の円借款を供与することを決め、15日、東京で深田博史駐ベトナム大使とベトナムのブイ・クアン・ヴィン計画投資相が書簡を交換した。

 病院の名称は「チョーライ日越友好病院」。新たな総合病院を建設し、中央レベルの病院の負荷軽減、高度医療・予防医療の推進などを図る。
《newsclip》

注目ニュース

日本政府、タイ中部でごみ収集車無償供与newsclip

【タイ】日本政府はタイ中部チャイナート県サンカブリー郡ティアングテーに、ごみ収集車の購入費用として201万バーツを無償供与し、4日、現地でごみ収集車の引き渡し式典が行われた。式典にはチャイナート県...

日本政府、タイ北部の病院支援 273万バーツ無償供与newsclip

【タイ】日本政府はタイ北部ウタラディット県の公立ウタラディット病院に対し、在宅の慢性呼吸器疾患患者用の電動式酸素発生器と関連医療機器を整備するための費用、273・8万バーツを無償供与することを決め...

【ミャンマー】日本政府はミャンマーに対する円借款3件、総額258億8800万円の供与を決め、6月30日、ミャンマーのリン・アウン副財務相と樋口建史駐ミャンマー大使がネピドーで書簡を交換した。金利年...

【ベトナム】日本政府はベトナムに対し、7件、総額1124億1400万円の円借款を供与することを決め、3月31日、ハノイで契約に調印した。

日本政府、タイ東北のごみ処理施設に371万バーツ無償供与newsclip

【タイ】25日、日本政府が371万バーツを無償支援したタイ東北部ルーイ県ワングサプング郡のごみ処理施設の開所式が行われた。

【ミャンマー】日本政府は、ミャンマーに対する7件、総額87億4300万円の無償資金協力を決め、19日、ネピドーで交換公文に署名した。



新着PR情報