RSS

クボタ、ミャンマーに農機販社

2015年9月17日(木) 08時24分(タイ時間)
【ミャンマー】クボタ(大阪市浪速区)は16日、ミャンマーのティラワ経済特区に農業機械販売会社を設立したと発表した。

 新会社は「クボタ・ミャンマー」。資本金2380万ドルで、クボタが80%、タイの合弁会社サイアム・クボタが20%出資。今後、新会社を通じてミャンマーのディーラー網とサービス体制を強化し、トラクター、コンバイン、田植機、耕うん機など農機事業の拡大を目指す。

 ミャンマーは人口、コメ生産量ともにタイと同程度だが、農作業の大半を人力と役牛に依存し、今後、農作業の機械化が進展すると予想される。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】ヤンマーは4月をめどに、ベトナムに農業機械の販売会社「ヤンマー・アグリカルチュラル・マシナリー・ベトナム」(資本金500万ドル)を設立する。従業員約50人、2014年の売上高約30億円...

農機ハイヤパーチェスのGキャピタル、タイ2部市場上場newsclip

【タイ】農機のハイヤパーチェス(分割払い)事業を手がけるGキャピタルが17日、タイ証券取引所(SET)二部市場(MAI)に上場した。公開価格2・7バーツ、初日終値は3・06バーツだった。銘柄コード...

【タイ】井関農機は10月をめどに、タイに農機の販売会社を設立する。タイでの農機需要の拡大に対応する。

特集