RSS

日本製車両がタイに到着、バンコク都市鉄道向け

2015年9月22日(火) 01時18分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、BMCL
 の画像
 
写真提供、BMCL
 の画像
 
写真提供、BMCL
 の画像
 
写真提供、BMCL
 の画像
 
写真提供、BMCL
 の画像
 
写真提供、BMCL
【タイ】バンコクの都市鉄道パープルラインに使用される車両の第1弾(2編成6両)がタイ東部のレムチャバン港に到着し、21日、アーコム運輸相らが出席し、引渡式典が行われた。

 車両はJR東日本グループの総合車両製作所が製造し、2016年1月までに全21編成63両をタイに輸送する予定。 

 パープルラインはバンコク北部バンスーと北西郊外のバンヤイを結び、全長約23キロ。バンコクの地下鉄を運営するバンコクメトロ社(BMCL)が運営し、車両、信号・運行監視設備、変電設備、通信設備など鉄道システムの納入と軌道、駅設備などのメンテナンスを東芝、丸紅、JR東日本が担当する。2016年8月に商業運転を始める予定。
《newsclip》

注目ニュース

【ラオス、中国】中国とラオスを結ぶ鉄道が今年12月に着工する見通しだ。ラオスのレンサワット副首相が17日、中国国営メディアの取材に対して述べた。これまでネックとなっていた「資金面の問題」が解決されたと...

中国支援のタイ鉄道、12月以降に着工延期 建設費で隔たりnewsclip

【タイ】ラオス国境のタイ東北部ノンカイ県とタイ湾に面したタイ東部ラヨン県マプタプット港を結ぶ標準軌の複線鉄道の着工が早くても12月以降にずれ込むことが確実になった。

【マレーシア、中国】マレーシアで8日から、中国製の高速鉄道車両を使用した高速鉄道が旅客輸送を正式に開始した。

【シンガポール】東芝は3日、シンガポールの鉄道事業者SMRTのC651系車両19編成向けに、永久磁石同期モーター(PMSM)を用いた駆動システムを2016年から納入すると発表した。

【ミャンマー】丸紅は3日、三井物産、三井物産プラントシステムとのコンソーシアムがミャンマー国鉄から鉄道中央監視システムと保安機材を受注したと発表した。

特集



新着PR情報