RSS

ミャンマーのティラワ経済特区、先行開発エリアで開業式典

2015年9月24日(木) 16時32分(タイ時間)
【ミャンマー】ミャンマーのティラワ経済特別区の第1期開発工事が完了し、23日、ミャンマーのテイン・セイン大統領、麻生副総理兼財務相らが出席し、現地で開所式典が開催された。

 ティラワ経済特区はミャンマー最大の都市ヤンゴンの南東約20キロに位置し、総面積2400ヘクタール。今回開業したのは三菱商事、丸紅、住友商事、国際協力機構(JICA)、ミャンマー政府、ミャンマー企業などが出資する事業会社が開発した396ヘクタール。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ軍事政権は22日の閣議で、優遇税制を通じて特定産業を地理的に集積させるクラスター型経済特別区の設置を承認した。対象は自動車、通信機器など。1月から大幅に変更された投資奨励制度が不評なこ...

【ミャンマー】クボタ(大阪市浪速区)は28日、ミャンマーのティラワ経済特区内の第二期給水配管および上下水処理設備建設工事を元請会社である五洋建設(東京都文京区)から追加受注したと発表した。

ミャンマー・ダウェー特区、日タイ参加で共同開発newsclip

【ミャンマー、タイ】日本、ミャンマー、タイの3カ国はミャンマー南東部のダウェー経済特別区プロジェクトを共同で開発することで合意し、4日、東京で意図表明覚書に署名した。

【ミャンマー】日本政府はミャンマーに対する円借款3件、総額258億8800万円の供与を決め、6月30日、ミャンマーのリン・アウン副財務相と樋口建史駐ミャンマー大使がネピドーで書簡を交換した。金利年...



新着PR情報