RSS

中国:一汽VWが2016年に新型3モデル投入、ミニバン初生産へ

2015年9月24日(木) 17時46分(タイ時間)
【中国】独フォルクスワーゲン(VW)と中国第一汽車集団の中国合弁である一汽大衆汽車(一汽VW)は、来年に新型3モデルを投入する。

 「ボーラ」、「パサート」の新型をそれぞれ3月と6月に発売。さらに、7代目「ゴルフ」の派生車「ゴルフ・スポーツバン」の生産を開始する予定だ。新浪汽車が23日付で伝えた。

 新型「ボーラ」はすでに、工業和信息化部(工業情報化部)の審査を通過した。1.6リッターと1.4リッターの2仕様を用意する。うち1.6リッターモデルは、最高出力を110馬力に設定。現行モデルと比べて5馬力アップされた。

 また「8代目パサート」のセダンタイプを来年6月に発売予定。年内に生産を開始し、今年11月の広州モーターショーに初出展する予定だ。ただロングホイールベースとなるかどうかは、現在のところ明らかにされていない。海外版の8代目「パサート」と比較し、中国産「パサート」の現行モデルはホイールベースが長い。

 「ゴルフ・スポーツバン」は、「MQB」と呼ばれる共有モジュールを使ってVWが開発したミニバン仕様車。一汽VWはこれまでミニバンを生産してこなかった。「ゴルフ・スポーツバン」の生産開始によって製品ライナップの増強を図る構えだ。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】腐敗行為を理由に、中国国有の自動車大手、中国第一汽車集団傘下会社の幹部複数人が中国共産党規律検査委員会の処分を受けた。

【中国】トヨタ自動車(7203/東証)と中国第一汽車集団の中国合弁自動車メーカー、天津一汽豊田汽車(天津一汽トヨタ)はこのほど、天津港湾部で今月12日に起きた大規模爆発事故で工場外に保管していた自社生産車...

【中国】中型セダン・新型「サギター」を購入した消費者が中国113都市(26省)で連携し、各地の自動車ディラーに対して抗議活動を展開している。



新着PR情報