RSS

シンドラーの中国幹部2人が逮捕、贈賄関与の疑いか

2015年9月25日(金) 18時33分(タイ時間)
【中国】昇降機大手のスイス・シンドラーの中国幹部2人が逮捕された。中国業務を手がける迅達中国(シンドラー・チャイナ)の董事総経理など。中国の警察に身柄拘束されたという。シンドラーが24日に発表した内容として、澎湃新聞網が25日付で伝えた。

 容疑などの詳細は明らかにされていない。ただ、贈賄に関わったのではないかとする見方もある。

 昇降機メーカーは、規模別に中国で4種に分類される。トップ集団を走るのは、世界最大手の米オーチス、上海三菱電梯、広州日立電梯の3社。業界ピラミッドの“頂点”に位置する。これに第2集団のスイス・シンドラー、ドイツのティッセンクルップ、東芝、フィンランドのコネ、フジテック傘下の華昇富士達電梯が続く。第3集団は中国民族ブランドの康力電梯、蘇州申竜、江南嘉捷、京城中奥、山東百斯特、瀋陽三洋、博林特、遼寧富士、許継電梯など。第4集団は、知名度の低い企業600社余りがひしめく。

 中国の昇降機市場は、2ケタ成長を持続している。すでに生産台数、販売台数で世界トップを独走中だ。2014年通年の国内市場規模は、前年比16%増の2641億人民元(約4兆9540億円)に拡大。業界全体の利益総額は、19%増の274億人民元に伸びた。14年末時点の保有は世界最多の360万台。これまで年率平均約20%のペースで増え続けてきた。15年の設置台数に関しても、通年で15万~20万台に上る見通しという。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国各地で事故が相次ぐなか、エスカレーターやエレベーターの安全性を危惧する声が高まっている。

【中国】中国でエレベーターやエスカレーターの事故が相次ぎ、社会問題として注目を集めている。

【タイ】22日未明、タイ南部プーケット島のパトンビーチのホテル「バーンパラダイスホテル」で、このホテルの4階に宿泊していたスイス人男性(54)が、3階付近で停止したエレベーターのかごとシャフトの間...

エレベーター落下し女性死亡 タイ西部の山寺newsclip

【タイ】11日朝、タイ西部ラチャブリ県の山寺で、荷物の上げ下ろし用のエレベーターがケーブルが切れて3階から落下し、エレベーターに乗っていた寺の雑用係のタイ人女性(28)が全身を強く打ち死亡した。



新着PR情報