RSS

ヤマハ発、ベトナムで女性向け新型スクーター

2015年10月7日(水) 00時09分(タイ時間)
「ACRUZO」(2016年ベトナム仕様)の画像
「ACRUZO」(2016年ベトナム仕様)
写真提供、ヤマハ発動機
【ベトナム】ヤマハ発動機は新開発の空冷125ccエンジンを搭載した女性向けスクーターの新製品「アクルーゾ」を10月中旬にベトナムで発売する。

 仕事や子育てに忙しい都市部の若い既婚女性をターゲットに開発した。ベトナム女性の志向に合わせ、車格は比較的大きめ。足つきが良く、スマートな乗り降りが出来る新形状シートを採用した。メーカー希望小売価格は3499万―3649万ドン。発売から1年で8万台の販売を目指す。

 ベトナムの二輪車市場は2014年で約271万台(ヤマハ発調べ)で、スクーターが約4割を占める。
《newsclip》

注目ニュース

ヤマハ発、タイでスクーターの新型「フィーノ」発売newsclip

【タイ】ヤマハ発動機はスクーターの新製品「フィーノ125」を9月中旬からタイで発売する。販売目標は発売から1年で7万2000台。タイのグループ会社タイ・ヤマハ・モーターが製造販売する。

ヤマハ発、ベトナムで新型スクーター投入newsclip

【ベトナム】ヤマハ発動機は新型スクーター「ヌーボSX」を11月からベトナムで発売する。

ヤマハ発、ベトナムで女性向け新型スクーターnewsclip

【ベトナム】ヤマハ発動機は女性向けの新型スクーター「Nozza Grande」を8月からベトナムで販売する。販売価格は3999万―4199万ドン。発売から12カ月で10万台の販売を目指す。

【ベトナム】ホンダはベトナム工場で製造する新型の原付スクーター「Dunk(ダンク)」を20日から日本で販売する。新開発の水冷・4ストローク単気筒エンジンを搭載。年間2万5000台の販売を目指す。メーカ...



新着PR情報