RSS

タイ軍政は人権尊重を 欧州議会が決議

2015年10月12日(月) 00時14分(タイ時間)
【タイ】欧州議会は8日、タイ軍事政権に人権状況の改善を求める決議を賛成581票、反対35票で採択した。

 決議は、2014年5月の非合法なクーデター後、タイの人権状況が悪化していると懸念を表明し、タイ当局に対し、人権抑圧を止めるよう要請。表現や集会の自由の権利を平和的に行使したことで投獄、訴追された人について、釈放や起訴の取り下げを求めた。この決議に拘束力はない。

 タイ外務省は欧州議会の決議について、「失望した」としつつも、「建設的な提案には耳を傾ける」などとする声明を発表した。

 クーデターで発足したタイ軍政は政治的な活動や集会を禁止し、軍政に対する批判を厳しく取り締まっている。これまでに、民主化を求める学生、軍政と対立するタクシン元首相派の政治家、軍政に批判的なジャーナリストや風刺漫画家などが、身柄を拘束されたり、訴追されるなどした。

 軍政下ではまた、国王夫妻と王位継承者に対する批判を禁じた不敬罪で多数の人が数年から20年以上の長期刑を宣告、投獄されている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タクシン政権を崩壊させた2006年9月19日のクーデターから9年を記念し、19日、プラユット軍事政権に抗議する数百人規模のデモがバンコクで行われた。

【タイ】タイ軍事政権を批判したかどで軍に身柄を拘束されていたタクシン元首相派の政治家2人と英字紙ネーションの記者が15日、今後軍政を批判しないことを条件に、釈放された。

タイ軍政、タクシン元首相の「警察中佐」称号はく奪newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は6日付で、自身に事実上の全権を与える暫定憲法44条を行使し、タクシン元首相の警察中佐の階級をはく奪した。

【タイ】タイ軍事政権が設置した非民選の議会、国家改革議会(定数250)は6日、憲法起草委員会が取りまとめた新憲法案の採決を行い、反対135、賛成105で否決した。

特集



新着PR情報