RSS

中国がパキスタンから潜水艦8隻受注、過去最大規模の武器輸出

2015年10月14日(水) 13時59分(タイ時間)
【中国】中国はこのほど、パキスタン政府と潜水艦8隻の建造契約を結んだ。

 パキスタンのフサイン国防生産相が明らかにしたもの。契約額は40億~50億米ドル(約4795億~5990億円)に上り、中国にとっては過去最大規模の武器輸出契約となる。現地メディアが13日伝えた。

 受注した8隻のうち、4隻は中国で、残り4隻はパキスタン南部のカラチで建造される予定。中国側は潜水艦建造技術の移譲にも合意したという。

 建造される潜水艦の具体的な型式は明らかにされていないものの、中国の輸出用潜水艦「S-20」型とみられている。なお、パキスタン海軍は現在、アゴスタ型など計8隻の潜水艦を保有するが、いずれも老朽化が進んでいる。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

タイが中国製潜水艦購入検討、対米関係悪化もnewsclip

【タイ】クライソン・タイ海軍司令官は2日、タイ海軍が中国製の潜水艦3隻を360億バーツで購入する計画を固め、近く閣議に申請することを明らかにした。

タイ海軍、潜水艦ないのに潜水艦部隊司令部建設newsclip

【タイ】タイ海軍は約2・5億バーツを投じ、サタヒープ海軍基地(タイ東部チョンブリ県)内の7ヘクタールに、潜水艦部隊司令部の本部ビル、訓練施設などを建設し、7日、ナロン海軍司令官が開所式典を行った。...

特集



新着PR情報