RSS

明電舎、シンガポールの平膜ユニット工場稼働

2015年10月15日(木) 21時39分(タイ時間)
【シンガポール】明電舎は15日、シンガポール子会社で変圧器、遮断器の製造販売、水処理事業を手がける明電シンガポール内に建設したセラミック平膜のユニット組立工場が稼働を開始したと発表した。

 明電シンガポールを東南アジア・中東の水・環境事業の地域統括本部と位置づけ、生産・アフターサービス体制を構築するとともに、研究開発センターを設立した。

 明電シンガポールはシンガポールで、ジュロン水再生センターなど同国公益事業庁の実証研究に参画するとともに、チャンギ水再生センターMBR(膜分離活性汚泥法)プラント向けのセラミック平膜を受注している。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】明電舎は18日、シンガポールのチャンギ水再生センターMBR(膜分離活性汚泥法)プラントに、処理能力が日量1万5000立方メートルのセラミック平膜を供給すると発表した。

【シンガポール】シンガポール公益事業庁と三菱商事、三菱重工業は同庁が新設するトゥアス新下水処理場の下水処理コストの低減とエネルギー効率の向上に向け、先進の水処理・再利用技術を導入した総合実証プラン...

【ミャンマー】クボタ(大阪市浪速区)は28日、ミャンマーのティラワ経済特区内の第二期給水配管および上下水処理設備建設工事を元請会社である五洋建設(東京都文京区)から追加受注したと発表した。

【シンガポール】旭化成ケミカルズは6日、シンガポール最大の下水回収プラントであるチャンギ・ニューウォータープラント第2期で、同社の水処理用中空糸ろ過膜「マイクローザ」が採用されたと発表した。

【ミャンマー】三菱レイヨンは2日、ミャンマーで水処理膜事業を強化するため、同国の上下水処理専門のエンジニアリング会社ミャンマー・ウォーター・エンジニアリング・アンド・プロダクツ(MWEP)と販売代...



新着PR情報