RSS

ミャンマー政府、8つの少数民族武装勢力と停戦合意

2015年10月18日(日) 21時42分(タイ時間)
【ミャンマー】ミャンマー政府と8つの少数民族勢力が15日、停戦合意文書に署名した。今後、合意内容の実施に向け、停戦監視に関する行動規範の策定などを協議する。

 署名には笹川陽平ミャンマー国民和解担当日本政府代表、樋口建史駐ミャンマー大使ら各国の外交官らが出席した。

 ミャンマー政府は2011年から、16の主要な少数民族武装勢力と和平交渉を進めてきた。
《newsclip》

注目ニュース

日本政府、タイ・ミャンマー国境の結核治療施設に238万バーツ供与newsclip

【タイ】日本政府はミャンマー国境のタイ北部ターク県の結核治療施設「ワンパー結核センター」の拡張費用として238・2万バーツを無償供与し、28日、現地で式典が行われた。

【タイ】タイ気象局によると、20日午後7時10分(タイ時間)ごろ、ミャンマー国境に近いタイ西部カンジャナブリ県サンクラブリ郡を震源とするマグニチュード(M)4・5の地震があった。震源の深さは5キロ。

【タイ】タイのテレビ報道によると、ミャンマー東部のカイン州で、ミャンマー政府軍と同国の少数民族カレン族の武装組織DKBAの間で戦闘が起き、死傷者が出ているもようだ。

【タイ】タイのテレビ報道によると、3日未明、タイ北部チェンライ県のミャンマー国境近くの山中で、タイ軍のパトロール隊が麻薬密輸業者とみられる武装グループと銃撃戦になり、武装グループ側の男7人を射殺し...

タイ・ミャンマー国境でミスコン 少数民族も参加newsclip

【タイ】14日、タイ西部カンジャナブリ県のミャンマー国境で、カンジャナブリ市とミャンマー側のダウェー市の友好式典が行われた。

【ミャンマー】タイのテレビ報道によると、12日、ミャンマー東部のカレン州で、ミャンマー政府軍と同国の少数民族、カレン族の武装組織DKBAの間で戦闘が起き、十数人が死傷した。



新着PR情報