RSS

中国のウェディングトレンド、平均年収超える「派手婚」増加

2015年10月19日(月) 20時54分(タイ時間)
【中国】中国で結婚式の「西洋化」が進む中、その費用も年々高額になり、「派手婚化」が進んでいる。2014年の婚礼費用の平均は7万6141人民元(約145万円)と、都市部の平均年収である5万6339人民元(約107万円)を上回った。


 専門家の推計によれば、2015年の国内婚礼費用は合計で800億人民元(約1兆5000億円)に達する見通し。これは2011年の570億人民元(約1兆800億円)を4割上回る数字だ。政府系メディアが16日付で伝えた。

 大勢の招待客を集めた披露宴、数回のお色直し、高価な結婚指輪など、「一生に一度だから思い出に残る式にしたい」というのが今どきの若いカップルの願望のようだ。中国では昔から、結婚写真を式の数週間前に公園などで撮影する習慣があるが、最近ではそれに加えて、式の当日や披露宴でもお色直しのたびに撮影する「西洋式」が主流になっているという。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報