RSS

泥にはまった外国人救出 タイ人漁師に賞賛の嵐

2015年10月19日(月) 20時56分(タイ時間)
【タイ】10月16日、タイ南部クラビ県で、干潟の泥にはまり込んで身動きできなくなったノルウェー人男性と妻の中国人女性をタイ人男性が救出し、タイで大きな話題となった。

 夫婦は写真撮影中に泥にはまり、太ももまで沈み込んで動けなくなった。これに気付いた日雇い労働者兼漁師のチャットさん(44)が小舟から降り、膝まで泥に埋まりながら2人に近づき、まず、カメラと三脚を乾いた土の上まで運んだ。

 チャットさんは次に、夫婦を引っ張り上げようとしたが、うまくいかなかったため、泥の上に腹ばいになり、自分の背中を踏み台にすることで、2人を救出した。全身泥まみれになったチャットさんはその後、一礼すると、何事もなかったように舟に戻り、立ち去った。

 この様子を撮影した人がインターネットに動画を投稿したところ、大反響を呼び、19日までに再生回数が約260万回に達した。チャットさんの身元が明らかになると、テレビ、新聞の取材が殺到。果てはプラユット首相の招きでバンコクを訪れ、観光大臣から表彰されることとなった。

 一躍有名人となったチャットさんだが、「男性が大男だったので今でも背中が痛いが、何しろ助けられてよかった」と、あくまで謙虚。一方、クラビ県はチャットさんを観光宣伝にフル活用しようと、救出劇の写真を載せた巨大な横断幕を空港近くに掲げた。
《newsclip》

特集



新着PR情報