RSS

コカ・コーラ中国合弁会社の幹部拘束、環境データねつ造で

2015年10月26日(月) 02時16分(タイ時間)
【中国】甘粛省環境監察局はこのほど、工場の汚染水に関する監視データをねつ造したとして、コカ・コーラ合弁会社の責任者を5日間の行政拘留処分にしたことを明らかにした。

 同局は9月、蘭州市公安局と立ち入り検査を行ったところ、汚水に関するデータを書き換える方法で、同社が環境保護調査を逃れていたことが判明したという。中国証券網などが伝えた。

 不正が見つかったのは甘粛中糧可口可楽飲料有限公司。食品大手の中糧集団(コフコ)とコカ・コーラの合弁会社である中糧可口可楽飲料中国投資有限公司(中糧コカコーラ)のエリア子会社だ。甘粛中糧可口可楽は現在、データねつ造について内部調査を行うとともに、当局の捜査に協力しているという。ただ、事件の詳細は明らかにしていない。

 中糧コカコーラは、コカコーラにとって中国最大のボトリング会社。親会社コカコーラの責任が追及される可能性もある。業界関係者は「コカ・コーラが現場の監督をおろそかにしているのではないか」と語っている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

RCコーラ、タイのセブンイレブンで販売newsclip

【タイ】米炭酸飲料の「RCコーラ」はタイのセブンイレブン店舗で販売を開始した。価格は瓶が227ミリリットル入り6バーツ、400ミリリットル入り10バーツ、450ミリリットル入り14バーツ、缶が13...

【中国】中国に派遣した社員に対し、米飲料大手コカ・コーラが「大気汚染手当」の支給を開始した。



新着PR情報