RSS

日本駐車場開発など タイで健診サービス

2015年10月26日(月) 02時20分(タイ時間)
【タイ】日本駐車場開発(大阪市北区)は22日、タイ子会社のNPDグローバルが健康診断、健康管理サービス、医療機関向け検査機器の販売といった事業を手がける新会社を設立すると発表した。タイの日系企業に従業員向けの健診・健康管理サービスを提供する。

 新会社は「NPDヘルスケア・サービス(タイランド)」。資本金400万バーツで、NPDグローバルが80・1%、日立ハイテクノロジーズの子会社ヒタチ・ハイテクノロジーズ(シンガポール)が14・9%、世界の検査機器に精通し、メンテナンス技術の高いCOAXグループが5%出資する。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国の生命保険会社の間で、遺伝子研究機関との提携が活発化している。

【タイ】北部ターク県と東北部カラシン県の専門学校で、生徒の健康診断の際に、採血用の注射針が使い回しされたことが明らかになり、不安を訴えた生徒の血液検査が行われている。

特集



新着PR情報