RSS

ANAとJAL、12月からサーチャージ値下げ

2015年10月26日(月) 12時51分(タイ時間)
【アジア】日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は2015年12月発券分から国際線旅客の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を値下げする。

 日本で購入した場合、値下げ後のサーチャージ(日本発1旅客1区間片道)は▼タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー3000円(現行4500円)▼ベトナム、フィリピン、グアム、パラオ、サイパン2000円(同3000円)▼中国、香港、台湾、マカオ1500円(同2500円)▼ハワイ、インド、スリランカ、インドネシア4000円(同6000円)▼欧州、北米、中東、オセアニア7000円(同1万500円)――。
《newsclip》

注目ニュース

航空会社ランキング 7位全日空、19位タイ航空newsclip

【アジア】航空業界専門の英調査会社スカイトラックスが乗客の満足度調査からまとめた2015年の航空会社ランキングで、カタール航空が1位になった。

【タイ、インドネシア】全日本空輸(ANA)は現行の成田―ジャカルタの貨物便路線を9月2日からバンコク経由に変更し、成田―バンコク―ジャカルタ―成田線を開設する。東南アジア諸国連合(ASEAN)域内の貨...

【タイ】ANAグループはタイに操縦士訓練会社を設立し、9月中旬から事業を開始する。

特集



新着PR情報