RSS

中国外交部、米イージス駆逐艦の南沙諸島接近に抗議

2015年10月27日(火) 22時30分(タイ時間)
【中国】南シナ海の南沙で米中間の緊張が高まっている。米国の艦船が無許可で領海を侵犯したとして、中国外交部は27日に抗議した。

 「中国の領海」と主張し、関連部門を通じて監視、追尾、警告を続ける立場という。中国の主権と安全、権益が脅かされていると判断し、人工島の人員、施設を守るスタンスを改めて強調した。

 南シナ海の南沙諸島(スプラトリー諸島)は、疑いなく中国領だと説明。主権と利益は長期間にわたって形成されてきたもので、そのコンセンサスは歴代の中国政府によって引き継がれてきたと補足した。

 国際秩序の維持を図る米海軍は、イージス駆逐艦「ラッセン」を派遣。「航行の自由」を確認する目的で、南シナ海の南沙諸島(スプラトリー)の人工島「渚碧礁」から12カイリ(約22キロ)以内を航行させた。中国の海洋埋め立て、軍事基地整備に抗議する。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【マレーシア、中国】一定の距離を保ちながらも、中国とマレーシアの艦船3隻が南シナ海・南沙諸島(スプラトリー諸島)の領海紛争エリアで対峙した。

【中国】南シナ海・南沙諸島(スプラトリー諸島)の領海紛争エリアで、中国が実効支配を強化しつつある。交通運輸部は26日、赤瓜礁(ジョンソン南礁)、華陽礁(クアテロン礁)に多機能灯台を建設すると宣言。着...

【中国】驚異的なペースで中国が各海域で島を造成しつつある。

【中国】中国による南シナ海の岩礁埋め立てで周辺国との緊張が高まるなか、軍事アナリストはこのほど、造成島の滑走路が完成した後、空軍主力の「殲11(J11)」が配備されるとの見方を示した。実現すると、南シナ...

特集



新着PR情報