RSS

中国:深センのモーター工場でスト長期化、賃金2割カットに抗議

2015年10月28日(水) 22時35分(タイ時間)
【中国】広東省深セン市宝安区のモーター製造工場、福永駿達製造廠で発生した大規模デモが長期化する様相を呈している。

 受注の急ピッチな減少に対処し、すでに従業員の数はかつての7000人から2000人に削減された。給与の20%減額方針に反発し、残った2000人が7日から職場放棄に突入。27日にスト21日目を迎えている。27日は地元の福永鎮政府まで行進。地元政府に仲裁するよう訴えた。複数の中国メディアが伝えた。

 ストが発生した福永駿達製造廠は、香港資本の産業用機械メーカーである金馬達製造廠公司が運営。ストには従業員の91%が加わった。

 過去の報道によると、従業員の1人は、「社長は就業時間も給料も減らした。ストが成功しないと、本当に8時間労働・週5日制になってしまう」と説明。別の従業員も「残業がなければ、月給は2000人民元(約3万7700円)にも満たない」などと窮状を吐露した。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報