RSS

日立、ミャンマーにエレベーター販社

2015年10月28日(水) 22時36分(タイ時間)
【ミャンマー】日立製作所は27日、ミャンマーに昇降機の販売、据付、保全を手がける合弁会社を設立したと発表した。

 新会社は「日立エレベーター・ミャンマー」。資本金200万ドルで、日立が27%、同社のタイの合弁会社サイアム日立エレベーターが50%、ミャンマーのプライム・デコ・エンジニアリングが23%出資した。従業員約25人。

 ミャンマーの昇降機の新設市場規模は2015年度が約1300台、2020年度が約2000台と見込まれる。

 日立は1997年にヤンゴン市の「サクラタワー」にエレベーター4台を納入するなど、ヤンゴンの代表的な開発案件に昇降機を納入してきた。最近ではヤンゴン最大級の複合施設事業「HAGLミャンマーセンター」で昇降機70台を受注し、2015年末の竣工を目指し据付作業を進めている。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国各地で事故が相次ぐなか、エスカレーターやエレベーターの安全性を危惧する声が高まっている。

エレベーター落下し女性死亡 タイ西部の山寺newsclip

【タイ】11日朝、タイ西部ラチャブリ県の山寺で、荷物の上げ下ろし用のエレベーターがケーブルが切れて3階から落下し、エレベーターに乗っていた寺の雑用係のタイ人女性(28)が全身を強く打ち死亡した。

三菱電機、タイ最高層ビルのエレベーター受注newsclip

【タイ】三菱電機は19日、バンコクで建設中のタイ最高層ビル「マハナコン」(高さ314メートル、地上74階、地下1階)向けに、タイ国内で最高速となる分速480メートルのエレベーター7台などエレベータ...

【タイ】タイのテレビ報道によると、12日午後1時半ごろ、バンコク郊外のアパートで、このアパートの5階に住むタイ人女性(61)がエレベーターに体を挟まれ死亡、女性の孫娘(5)がけがをした。



新着PR情報