RSS

日本郵船、ベトナムの海運代理店を完全子会社化

2015年10月29日(木) 12時51分(タイ時間)
【ベトナム】日本郵船は28日、ベトナムの海運代理店NYKライン(ベトナム)(資本金40万ドル)の株式49%を合弁相手から買い取り、完全子会社化したと発表した。

 日本郵船グループは定期船事業でベトナム発着の直行サービスを12路線で展開し、年間約30万TEU(20フィートコンテナ換算)を取り扱う。不定期船事業でも、石炭、木材チップ、設備プラントなど多様な貨物を扱っている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】商船三井は28日、タイのターミナル事業会社サハタイ・ターミナルと合弁で、コンテナバージ専用ターミナル運営会社バンコク・バージ・ターミナルをタイに設立したと発表した。

【中国】民用船を戦時に徴用する事態を想定し、中国政府が新しい技術標準を公布した。中国軍南京軍区航務代表処と中国船級社上海規範研究所が5年をかけて編成したという。銭江晩報などが伝えた。

【中国、東南アジア】川崎汽船(9107/東証)は7日、新たな中国~海峡地サービスを今月27日から開始すると発表した。

【ミャンマー】日本郵船(東京都千代田区)は3月30日、ミャンマーで輸送トレーラーによる完成車内陸輸送などを手がける総合物流会社を設立したと発表した。

【タイ、ベトナム】日本郵船は3月下旬から、日本とタイ、ベトナムを結ぶコンテナ船の新サービスを開始する。

【マレーシア】郵船ロジスティクスのマレーシア法人TASCOはマレーシア南部のタンジュンペラパスに倉庫(面積1・9ヘクタール)を設け、1月27日に営業を開始した。

【マレーシア】商船三井は4日、同社が運航する自動車船「アストラルエース」が1日、南シナ海のマレー半島沖で、半ば沈没した漁船を発見し、乗組員のマレーシア人2人、インドネシア人3人を救助したと発表した。

川崎汽船のタイ法人、設立50年で式典newsclip

【タイ】川崎汽船のタイのグループ会社Kライン・タイランドは1日、バンコク都内のホテルで設立50周年記念式典を開催し、タイのアピシット元首相、佐藤重和駐タイ大使ら約700人が出席した。

特集



新着PR情報