RSS

中国:西安市が昇降機の強制保険導入、閉じ込め90分超で400元給付

2015年10月30日(金) 00時49分(タイ時間)
【中国】陝西省の西安市政府が昇降機の保険加入を義務付けると発表した。

 「西安電梯安全責任保険モデル」を導入する。規模に応じて金額を調整するものの、1台当たり基本的に100人民元(約1900円)を徴収。一旦事故が発生した場合、1台当たり300万人民元、1人当たり100万人民元の保険金を給付する。

 閉じ込め事故が発生した場合の特約も設定。1人につき40~90分で200人民元、90分超で400人民元を支払うことを明らかにした。

 西安市内の昇降機は合計5万1000台を超える。すでに2014年、強制保険加入の試行エリアに高新区と未央区を指定。それぞれの保険加入は、足元で高新区が3500台、未央区が1500台を数える。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国各地で事故が相次ぐなか、エスカレーターやエレベーターの安全性を危惧する声が高まっている。

【中国】中国でエレベーターやエスカレーターの事故が相次ぎ、社会問題として注目を集めている。

【タイ】22日未明、タイ南部プーケット島のパトンビーチのホテル「バーンパラダイスホテル」で、このホテルの4階に宿泊していたスイス人男性(54)が、3階付近で停止したエレベーターのかごとシャフトの間...

エレベーター落下し女性死亡 タイ西部の山寺newsclip

【タイ】11日朝、タイ西部ラチャブリ県の山寺で、荷物の上げ下ろし用のエレベーターがケーブルが切れて3階から落下し、エレベーターに乗っていた寺の雑用係のタイ人女性(28)が全身を強く打ち死亡した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、12日午後1時半ごろ、バンコク郊外のアパートで、このアパートの5階に住むタイ人女性(61)がエレベーターに体を挟まれ死亡、女性の孫娘(5)がけがをした。

【タイ】15日午後2時半ごろ、バンコク都内シーロム通りのオフィスビル、タニヤプラザで、エレベーターがG階から地下2階に落下する事故があった。エレベーターに乗っていた11人にけがはなかった。



新着PR情報