RSS

中国:スズメバチに襲われた男性、「母乳療法」及ばず死亡

2015年10月30日(金) 00時49分(タイ時間)
【中国】重慶市のある山中で30歳の男性が26日、スズメバチの群れに襲われて死亡する事故が起きた。病院に運ばれた当初、看護婦の母乳を傷口に塗るなどの緊急手当が奏功し、一時は回復したかに思われたが、その後容態が急変したという。重慶晨報が28日付で伝えた。

 死亡した男性の身体には、全身に100カ所以上の刺された傷あとがあった。重慶市ではこのところの季節の変化で、スズメバチが最も活発に活動するとされる15~20度まで気温が低下していた。

 搬送先の病院では、その場に居合わせた何人かの看護婦が母乳を提供。人間の母乳には、スズメバチの毒素を中和させる効果があるという。ただ、夕方になって容体が急変。ICUで緊急治療が施されたが、午後9時25分に死亡が確認された。

 スズメバチの活動は気温と大きな関係があり、秋後半が最も危険という。気温が15度を下回ると、動きが弱まるとされている。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報