RSS

日本政府、エイズ患者施設拡張に365万バーツ無償供与

2015年11月1日(日) 22時39分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、在タイ日本大使館
【タイ】日本政府はタイ東北部ノンカイ県にあるエイズウイルス(HIV)感染者とエイズ患者のケア施設「ガーデン・オブ・フレンドシップ」の拡張費用として、365・3万バーツを無償供与することを決め、10月29日、在タイ日本大使館で署名式を行った。

 「ガーデン・オブ・フレンドシップ」はグッド・シェパード・シスターズ財団が運営する施設。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ保健省によると、2014年にタイ国内で新たにエイズウイルス(HIV)感染が確認された人は7324人で、このうち47%が男性同性愛者とニューハーフだった。

【中国】住民の立ち退きを進めるために、エイズ患者を動員し「立ち退かないとうつすぞ」などと脅したとして、河南省南陽市政府はこのほど、同市で不動産開発業を営む主犯格の5人を拘束したと発表した。

【中国】中国のエイズ患者数が累計で50万人を迫る規模に拡大した。今年10月末時点で合計49万7000人に上る。すでに15万4000人が死亡した。「世界エイズデー」(12月1日)を翌日に控えて、国家衛生計画生育委員会の...



新着PR情報