RSS

タイの世帯平均月収2・8万バーツ、9年で5割増

2015年11月1日(日) 22時39分(タイ時間)
【タイ】タイ統計局が1―6月にタイ国内の約2万6000世帯で実施した調査で、世帯当たりの平均収入は月2万7545バーツ(2006年1万7787バーツ)、平均支出は月2万1818バーツ(同1万4311バーツ)だった。

 地域別の世帯当たりの月の平均収入と支出は▼バンコクと首都圏3県(ノンタブリ、パトゥムタニ、サムットプラカン)=収入4万4719バーツ、支出3万3199バーツ▼中部=収入2万5602バーツ、支出2万1174バーツ▼北部=収入1万9301バーツ、支出1万5584バーツ▼東北部=収入2万1763バーツ、支出1万7863バーツ▼南部=収入2万7107バーツ、支出2万1771バーツ――。

 支出の内訳をみると、「飲食費」が全体の33・6%を占め、以下、「住居費」20・3%、「乗り物・交通費」18・3%、「衣料など個人用品費」6・4%、「通信費」3・3%、「教育費」1・7%、「医療費」1・5%、「娯楽・行事費」1・2%、「宗教関連費」1・1%、「その他(税金、保険料、宝くじ購入など)」12・6%――だった。

 借金がある世帯は全体の49・2%(2006年64・4%)で、借金の額は平均16万3276バーツ(同11万6585バーツ)だった。借金の目的は「消費」40・4%、「住居・土地の賃借・購入」33・3%、「教育」1・2%、「農業」14%、「農業以外の事業」10・4%――。

 1人当たりの平均収入は月9330バーツだった。収入上位20%の世帯の平均収入は1人2万6556バーツ、最下位20%は2529バーツだった。上位20%のグループの収入が全体に占める割合は45%。

 所得格差指標のジニ係数は所得の再分配後で0・347で、2013年の0・367から低下した。
《newsclip》

注目ニュース

「貯金あり」49%、「借金あり」75% タイ世帯調査newsclip

【タイ】タイ商業会議所大学が14―20日に実施したアンケート調査(回答者1200人)で、自分の世帯で「借金がある」との回答は74・8%で、2010年の56・6%から上昇した。



新着PR情報