RSS

タイのマイナー、豪外食大手に追加出資

2015年11月2日(月) 17時19分(タイ時間)
【タイ】タイのホテル外食大手マイナー・インターナショナルは10月30日、オーストラリアの外食大手マイナーDKLフードグループの株式20%を4500万オーストラリアドルで取得し、出資比率を70%に引き上げると発表した。

 マイナーDKLは「コーヒークラブ」など4つのブランドの外食店チェーン約440店を11カ国で展開。年商は5億4000万オーストラリアドル。マイナーは2008年に同社株の50%を取得した。


〈マイナー・インターナショナル〉
タイに拠点を置くコングロマリット。タイ、中国など20カ国以上で、「スウェンセン」、「バーガーキング」といった外食店約1700店、「アナンタラ」、「アバニ」といったブランドのホテル、サービスアパート135軒を展開。2015年上半期の売上高221・2億バーツ、最終利益27億バーツ。創業者のウィリアム・ハイネッキ氏は米国生まれで、1963年に両親と来タイ。未成年だった67年にタイで起業し、会社を「マイナー(未成年)」と名付けた。後にタイ国籍を取得。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのホテル外食大手マイナー・インターナショナルは8日、リスボンのホテル「ホテル・チボリ・オリエンチ」(客室数279)を3850万ユーロで買収したと発表した。

【タイ】タイの外食チェーン大手S&Pシンジケートは自社が手がける英国のレストラン事業をタイのホテル外食大手マイナー・インターナショナルとの合弁に切り替える。

タイのマイナー、ブラジルとポルトガルでホテル6軒買収newsclip

【タイ】タイのホテル外食大手マイナー・インターナショナルは28日、ブラジルのホテル2軒とポルトガルのホテル4軒を計1億6800万ユーロで取得すると発表した。

【タイ】タイのホテル外食大手マイナー・インターナショナルは18日、南アフリカのホテル・カジノ会社サン・インターナショナルが所有するアフリカのホテル8軒に出資すると発表した。

【タイ】タイのホテル外食大手マイナー・インターナショナルはドバイの投資会社ラニ・インベストメントと合弁で、モザンビークの首都マプトの複合不動産事業に投資する。



新着PR情報