RSS

中国:国営新華社が「ロボット記者」導入、スポーツ・経済記事で活用

2015年11月9日(月) 13時11分(タイ時間)
【中国】中国国営メディアの新華社は6日、コンピュータープログラムを使って記事を自動生成する「ロボット記者」を導入することを明らかにした。

 過去のデータが豊富なスポーツや経済関連のニュースを担当させる。傘下証券紙「中国証券報」にも記事を提供する予定だ。

 「快筆小新」と名付けられたこのロボット記者は、7日に正式デビューする。テスト段階では、中国プロサッカーリーグ関連のニュースや企業業績速報などの作成で、スピード、内容ともに満足のいく結果が得られたという。

 こうしたロボット記者は、大手通信社のAP通信やロサンゼルス・タイムズ、米ヤフーなどですでに運用されている。例えばAP通信では、記事作成ソフトウエアの「ワードスミス」を活用し、4半期当たり3000本以上の決算記事を作成している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】中国で“ロボット革命”が進行している。この背景には、若年労働者人口の減少、人件費の急ピッチな上昇などがある。参考消息網などが28日付で伝えた。

【中国】北京大学付属腫瘍病院でこのほど、最新型のロボット設備が導入された。

【中国】ソフトバンク(9984/東証)とその傘下でコマース中国最大手の阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング:BABA/NY)、EMS(電子機器受託製造)世界最大手の台湾鴻海精密工業(2317/TW)がロボットの共...

【中国】中国の産業用ロボット使用台数は、2017年に世界最多規模に膨らむ見通しだ。向こう2~3年内に“爆発的”な成長が期待されるため。現時点と比較して倍増以上の42万8000台に達すると想定されるという。国際ロ...

【中国】産業用を中心に中国のロボット市場が急成長期に入った。

特集



新着PR情報