RSS

中国:ベトナム国境の地雷撤去活動スタート、ロボットも出動

2015年11月9日(月) 13時11分(タイ時間)
【中国】中国雲南省のベトナム国境地帯で、大規模な地雷の撤去活動が行われている。

 撤去活動が行われるのは、1992~94年、1997~99年に続いて3回目。2017年末までに、残された地雷の撤去を完全に終えたい考えだ。政府系メディア各紙が伝えた。

 同エリアでは1970年代から90年代にかけて、計161カ所に約130万個の地雷が埋設された。その面積は289平方キロに及ぶという。

 今回の活動には、国連平和維持活動(PKO)に携わった経験のある人民解放軍の兵士など、400人以上が参加している。ただ、同エリアは大半が山中のため、地形が極めて複雑。兵士は30分おきに作業を交代するなど、高度な緊張感が求められている。地雷は1平方キロ当たり数千個が埋まっているとみられ、足を滑らせやすい急斜面などにはロボットが投入されている。

 同エリアでは2000年以降、地雷に触れた地元住民の事故が81件発生。負傷者76人、死者12人を出している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

今も続く地雷撤去 タイ・カンボジア国境で啓蒙イベントnewsclip

【タイ、カンボジア】21日、タイ東北部ウボンラチャタニ県ナムユーン郡のカンボジア国境地帯で、地雷・不発弾の撤去活動を紹介するイベントが開催され、ウボンラチャタニ県知事、在タイ日本大使館の大村周太郎...

ラオスに無償資金協力13億円、地雷除去支援などnewsclip

【ラオス】第7回日本メコン地域諸国首脳会議出席のため来日したラオスのトンシン首相は4日、東京で安倍首相と約25分間会談した。

【カンボジア】日本政府はカンボジアの地雷除去に8億9800万円の無償資金協力を行うことを決め、30日、プノンペンでハオ・ナムホン副首相兼外相と隈丸優次駐カンボジア大使が交換文書に署名した。

特集



新着PR情報