RSS

タイの4G入札、AISとトゥルーが落札

2015年11月16日(月) 16時49分(タイ時間)
【タイ】第4世代(4G)携帯電話サービス用の周波数1800メガヘルツ帯の2つの事業免許入札が11日に開始され、2日間に及ぶ競り合いの末、タイ携帯電話サービス最大手アドバンスト・インフォ・サービス(AIS)と同3位トゥルームーブが落札した。

 落札額はAISが409億8600万バーツ、トゥルームーブが397億9200万バーツで、入札開始価格の159億1200万バーツを大きく上回った。免許の期間は2033年までの18年間。落札した2社は来年1月にもサービスを開始する見通しだ。

 入札には2社のほか、タイ携帯電話サービス2位トータル・アクセス・コミュニケーション(DTAC)、タイの通信会社ジャスミン・インターナショナルが参加した。
《newsclip》

注目ニュース

タイの900メガヘルツ帯入札、12月に逆戻りnewsclip

【タイ】タイの放送通信事業を管理監督するタイ放送通信委員会(NBTC)は2日、第4世代(4G)携帯電話サービス用の周波数900メガヘルツ帯の入札日を11月12日から12月15日に延期すると発表した...

タイの1800メガヘルツ帯入札、AISなど4社応札newsclip

【タイ】タイの放送通信事業を管理監督するタイ放送通信委員会(NBTC)は30日、第4世代(4G)携帯電話サービス用の周波数1800メガヘルツ帯の2つの事業免許入札に4社が応札したと発表した。



新着PR情報