RSS

中国:10月の電力消費は0.2%減、2カ月連続のマイナス成長

2015年11月17日(火) 09時29分(タイ時間)
【中国】中国の電力消費は今年10月、前年同月比0.2%減の4491億キロワット時(kWh)に低迷した。前月の0.2%に続くマイナス成長となる。前月比では1.6%減少したという。国家能源局が16日に報告した。

 産業形態別では、第1次が6.6%増の73億kWh、第2次が1.9%減の3298億kWh(うち工業は1.9%減の3245億kWh)、第3次が4.6%増の554億kWhで推移した。居住者向けは4.7%増の566億kWhに伸びている。

 1~10月の累計では、プラス成長を小幅ながら確保。0.7%増の合計4兆5835億kWhを消費した。産業形態別では、第1次が3.0%増の879億kWh、第2次が1.1%減の3兆2858億kWh(うち工業は1.0%減の3兆2285億kWh)、第3次が7.1%増の5959億kWhとなっている。居住者向けは4.6%増の6140億kWh。

 10月末時点の電源別発電容量は、前年同期比で火力が7.0%増の9億5260万キロワット(kW)、水力が6.5%増の2億7456万kW、風力が25.6%増の1億1061万kW、原子力が35.8%増の2414万kWなど。

 発電も低調が目立つ。先に公表された10月の全国発電量は、年同期比3.2%減の4454億キロワット時(kWh)に落ち込んだ。1~10月の累計でも0.1%減の4兆6511億kWhに低迷。1~9月の0.1%増から減少に転じた。

 10月単月の発電量は、水力で2.1%増の995億kWh、火力で6.6%減の3107億kWhなど。火力のマイナス成長率は前月の2.2%から4.4ポイント拡大している。1日当たりの全国発電量は、3.2%減の143億7000万kWhで推移した。

 1~10月の累計では、水力が3.4%増の8474億kWhに上る一方、火力は2.6%減の3兆4662億kWhに低迷した。

 発電設備の生産量も落ち込む。10月単月で9.5%減の1018万kW、1~10月累計で13.6%減の1兆321万kWに縮小した。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報