RSS

小糸工業の航空機座席検査・試験結果改ざんねつ造問題、タイ航空と和解

2015年11月18日(水) 07時27分(タイ時間)
【タイ】KIホールディングス(旧小糸工業)は13日、航空機座席の納品契約違反でタイ国際航空に訴えられていた問題で、タイ航空側と和解契約を結んだと発表した。

 小糸工業は2010年、航空機座席の検査記録、試験結果を改ざん、ねつ造したとして、日本の国土交通省から業務改善勧告を受け、新規製造座席の出荷を原則禁じられた。これにより、タイ航空から受注した座席が納入できなくなり、タイ航空が英国高等法院で損害賠償を請求する裁判を起こしていた。

 英国高等法院は今年5月、KIホールディングスに計約127億円の支払いを命じる判決を下し、KI側はこれまでに、約79億円をタイ航空側に支払った。

 今回の和解契約で、KIは11月末までに約65億円をタイ航空側に支払い、訴訟を終了させせる。
《newsclip》


新着PR情報