RSS

バンコク郊外のバイオディーゼル工場で爆発、ボイラー技師死亡

2015年11月19日(木) 22時32分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、18日にバンコク西郊サムットサコン県のバイオディーゼル工場で爆発があり、従業員1人が搬送先の病院で死亡した。

 パーム油のタンクが爆発して周りの施設に火が燃え広がり、消防車が出動して消火作業に当たった。死亡したのは50歳のボイラー技師の男性で、タンクのボイラーの修理中に何らかの原因で爆発が起きたとみられる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、27日午後5時半ごろ、タイ東部サケーオ県のカンボジア国境近くで、パトロール中のタイの男性警官が地雷を踏み爆死した。

【中国】中国政府が特に重視する「国慶節」(建国記念日)を迎えた1日、広西チワン族自治区の北部で爆弾騒ぎが相次ぐなど社会情勢に不穏な動きがみられている。

【タイ】タイのテレビ報道によると、13日朝、タイ南部プーケット島のロイヤル・プーケット・マリーナ近くの埠頭で停泊中のボートで火事があり、ボートに乗っていたタイ人男性5人が火傷を負い病院に搬送された。

【タイ】3日午後4時30分ごろ、タイ東部ジャンタブリ県の農薬・肥料販売店で爆発が起き、店員のカンボジア人男女3人が死亡、店主のタイ人女性がけがをしたほか、隣接する商店数棟が損壊した。



新着PR情報