RSS

日本とタイ、温室効果ガス削減で2国間クレジット制度

2015年11月19日(木) 22時32分(タイ時間)
【タイ】日本政府はタイへの環境技術提供による温室効果ガス排出削減分を日本側に算入する2国間クレジット制度(JCM)を導入することでタイ政府と合意し、東京で19日、丸川珠代環境相とタイのスラサク天然資源環境相が制度運用に関する2国間文書に署名した。

 JCM署名国はこれで、モンゴル、バングラデシュ、エチオピア、ケニア、モルディブ、ベトナム、ラオス、インドネシア、コスタリカ、パラオ、カンボジア、メキシコ、サウジアラビア、チリ、ミャンマー、タイの16カ国になった。
《newsclip》

注目ニュース

JFEエンジ、ヤンゴンでごみ焼却発電プラント建設newsclip

【ミャンマー】JFEエンジニアリングは12日、ミャンマー・日本間の2国間クレジット制度(JCM、途上国への環境技術提供による温室効果ガス排出削減分を日本側に算入する制度)を利用しヤンゴン市が建設す...

【タイ】新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は12日、キャッサバイモからデンプンを抽出した後の残渣(さ)であるキャッサバパルプからバイオエタノールを製造する実証実験をタイで実施し、製造コ...

サトウキビ搾りかすからバイオエタノール NEDOなど、タイでプラント稼働newsclip

【タイ】国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は31日、NEDOとタイ工業省サトウキビ砂糖委員会がタイ中部サラブリ県に建設したバイオエタノール製造プラントが完成し、29日に...



新着PR情報