RSS

米国、タイに対する特恵関税再検討 強制労働など調査

2015年11月26日(木) 18時24分(タイ時間)
【タイ】米通商代表部(USTR)は25日、タイに対する一般特恵関税(GSP)を再検討すると発表した。

 米労働団体のアメリカ労働総同盟・産業別組合会議(AFL―CIO)が、タイは強制労働や移民労働者の権利侵害などの問題を抱え、GSPの適用条件を満たしていないと訴えたためで、情報収集のため、来年1月に公聴会を開く。

 USTRのフロマン代表は「労働者の権利の保護はオバマ大統領の貿易政策の優先事項」だと指摘。労働者の権利保護を推進するため、タイ政府と協力する用意があると述べた。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国とオーストラリアは17日、自由貿易協定(FTA)に正式署名した。協定の範囲は、貨物貿易、サービス貿易、投資、ルールなど10分野を超える領域に及ぶ。交渉がスタートしたのは2005年4月。10年あまりの...

【中国】中国と韓国の両政府は1日、中国との自由貿易協定(FTA)に正式署名した。貨物貿易に関しては、約9割の品目で自由化に踏み切る。金額ベースで85%自由化する。中国政府系メディアが伝えた。

【タイ】タイ財務省関税局は24日、トヨタ自動車のタイ法人に総額116・7億バーツ(約426億円)、いすゞ自動車のタイ法人に18億バーツ(約66億円)の未払い税金の支払いを命じたことを明らかにした。



新着PR情報