RSS

エアアジア、タイ東部ウタパオ空港から4路線就航

2015年11月30日(月) 00時06分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、Thai AirAsia
 の画像
 
写真提供、Thai AirAsia
【タイ、シンガポール、マカオ】マレーシアの格安航空大手エアアジアのタイ法人タイ・エアアジアは27日、タイ東部のウタパオ国際空港とシンガポール、マカオ、タイ北部チェンマイ、タイ東北部ウドンタニを結ぶ直行便4路線を開設した。就航便の搭乗率は平均約80%。

 シンガポール便、マカオ便、ウドンタニ便は週7往復、チェンマイ便は週10往復。 

 エアアジアはウタパオからの直行便を今年7月からクアラルンプール、9月から中国の広西チワン族自治区南寧と江西省南昌に運航している。12月3日にタイ南部ハジャイ便も就航する予定。

 ウタパオ空港はタイ東部のビーチリゾートであるパタヤの南約40キロ、バンコクの南東約140キロに位置するタイ海軍航空部隊の基地。タイ政府は同空港を商業空港として開発する計画で、2016年稼働を目指し、新旅客ターミナルの建設を進めている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国際航空は7―9月期の最終損益が99億バーツの赤字だった。営業損益は27・9億バーツの赤字で、為替差損が45・3億バーツ発生した。

特集



新着PR情報